サイトメニュー

まずは休職を考える

診察

うつ病になって仕事が出来ない状況だからといって、今すぐに辞職する必要はありません。メンタル系の医療施設を訪れれば、初診でもうつ病診断書を書いてもらえる可能性があるため、それを使って休職することを考えましょう。

詳しく見る

安心して治療するためにも

医者

うつ病診断書をもらうためにはまず内科や神経内科ではなく精神科や心療内科に行くことが必要です。料金は高額医療費制度や自立支援医療制度を利用すれば上限額以下で済むので、通うときは必ず役所に申請しておくようにしましょう。

詳しく見る

うつ病の調べ方

看護師

病院に行けば精神病の検査を受けられて、必要ならばうつ病診断書を作ってもらうのも可能です。ストレスなどが原因で発生する精神病は複数の種類がありますが、適切な検査を受ければ自分がどの症状なのか把握できます。

詳しく見る

早い段階で病院に行くべき

医者

うつ病になった時にはうつ病診断書を発行してもらうと、会社や学校はもちろん家族にもうつ病と理解してもらうことができます。しかし診断書をもらったからと行って横暴に振舞ったり、マナー違反なことはしないように十分気をつけましょう。

詳しく見る

うつ病で休職が必要なとき

病院

診断書を書いてもらおう

プレッシャーやストレスがまったくない職場を望むのは難しく、社会人のほとんどの方が闘いながら働き続けているでしょう。しかし、それらのせいでメンタルが弱ってしまい、うつ病という面倒な病気になってしまう可能性があります。うつ病になってしまうと、やる気が起きなくなったり、ふさぎ込んだりするため、プレッシャーやストレスに耐えられなくなってしまいます。もしも、病気のせいでつらくて苦しい症状があるのなら、ある程度の期間仕事を休職することを考えましょう。しかし、病気であることを会社に伝えただけでは、休ませてもらえる可能性は低いです。その反応は当然で自己申告で休めるわけはないので、ドクターにうつ病を患っているのを、きちんと証明してもらう必要があります。休職が必要なことを示すために利用できるのが、ドクターが病気なのを書類に記載してくれる診断書です。ドクターに書いてもらった正式なうつ病診断書を、会社に提出すれば休職を許可してくれるでしょう。無理を押し通して働き続けてしまうと、余計にうつ病が悪化してしまい、さらに深刻な事態になってしまうかもしれません。それを避けたいのなら、うつ病診断書を活用して、休職する権利をどうどうと会社からもらいましょう。現在、通っている医療施設で診断書をもらいたいと考えるのなら、そのことを素直に精神科や心療内科のドクターに伝えましょう。ドクターが本当に休職が必要だと判断したのなら、そのことを記載した書類をすぐに用意してくれます。診察代とは別に費用がかかるため、いつもよりもお金を余分に持っていくのを忘れないようにしましょう。そして、ドクターにうつ病診断書を書いてもらうときには、休職が必要なことをしっかりと記載してもらわなければいけません。うつ病という病名をしらせるだけの書類では、本当に休む必要があるかどうか分からないからです。もちろん、会社によっては、うつ病なのが分かっただけで休ませてもらえる可能性もありますが、念には念を入れて、休職の必要性も診断書に盛り込んでもらいましょう。なお、これからクリニックなどの医療施設に通って、うつ病と診断された上で診断書を書いて欲しいのなら、通うところを選定したほうがよいでしょう。やはり、うつ病診断書を書いてくれやすい医療施設があるので、本当に困っているのならば、そちらのドクターを頼ることをおすすめします。そのような情報は、インターネット上で口コミを調べれば見つけられるため、参考にして頼りになるドクターを見つけだしましょう。

Copyright© 2019 重症化する前にうつ病診断書を貰って休む決断を【証明してもらう】 All Rights Reserved.