サイトメニュー

安心して治療するためにも

医者

病院にかかる前に

うつ病になるとうつ病診断書を取ることで傷病手当金をもらうことができます。健康保険に入っている会社員であればうつ病診断書をもらっておきましょう。診断書にかかる費用は病院によって違いますがおおよそ3,000〜6,000円です。通院での費用ですが3割負担の健康保険を使う場合、1回2,000円以内で済むことがほとんどです。これに薬代がかかってきます。薬も1種類で済むのであれば1,000円程度で済みます。入院して治療する場合もありますが、この場合は1日1万円程度かかるものの、健康保険の高額医療費制度が適用されるため8万円程度で済みます。国民保険加入者で収入のない人は4万円以内で済むので、入院1日につき1万円払ってくれる医療保険に入っている人であればまず支払えないということはないです。ただし、役所で減免申請をする必要があるので支払う前に申請をしておくことを忘れないでください。さらに通院で精神医療を受ける人には自立支援医療制度というものが用意されています。これも役所で手続きさえすれば、自費での通院費用の部分を減免してもらうことが可能です。医療機関だけではなく薬局で薬をもらうときも適用されるので、必ず申請しておきましょう。うつ病診断書をもらうためにもまず病院に通うことが必要となります。うつ病の場合は特に医者との相性が重要となってくるので、先生の話の聞き方やアドバイスの仕方などが自分に合っているかどうか確認してみてください。薬の処方の仕方も先生によって違いがあり、例えば東洋医学である漢方系の薬を出してくれる先生がよければ漢方での対象をしてくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。症状が一向に改善しないという人は病院を変えてみるのも1つの方法です。転院は容易ではないかもしれませんが、先生を変えることは精神疾患の場合よくあることなので、臆することはありません。なかには相性のいい医者と出会うまでに何年もかかったという人もいるぐらいです。自分では選び方が分からないという人は、地域の保健士に相談してみてください。その地域の病院のことを知っているので、その人に適切な病院を紹介してくれます。もしも救急隊員の人と知り合いであれば、救急隊員もまた病院のことに詳しいので聞いてみるといいでしょう。病院を何院も梯子して決めるよりも人に聞いてしまったほうが心身への負担は少ないです。ひとつ注意が必要なことと言えば、「神経内科」ではうつ病を診てもらえないのでうつ病診断書ももらえないということです。ここでいう神経内科とは脳などの異常、つまり脳卒中や筋肉の異常であるパーキンソン病を扱うところなので注意しましょう。

Copyright© 2019 重症化する前にうつ病診断書を貰って休む決断を【証明してもらう】 All Rights Reserved.