サイトメニュー

まずは休職を考える

診察

仕事から逃げたいなら

メンタル系の病気のうつ病を患ってしまうと、仕事を行う上で、障害となる各種の症状が身体に現われます。軽めの症状ならば働きながら治療していくこともできますが、ある程度の重い症状ならば働き続けながらの治療は難しいです。もしかすると、そのような状態にすでになっていて、何をやっても上手くいかずに、周りに迷惑をかけないよう、仕事を辞めることを考える方もいるはずです。しかし、うつ病診断書があれば、一定の期間休職できるケースがあるため、会社を辞めずに治療できる可能性があります。休職後に仕事に復帰できるかどうか、心配に感じる方もいるでしょうが、その不安感は病気によるものかもしれません。実際に、仕事に復帰している方も多くいるので、早まった行動はせずに、心を休めるためにうつ病診断書を使って休職をしましょう。なお、診断書を書いてもらうには、最初にうつ病であることを、ハッキリと診断してもらう必要があります。それは、内科や神経科ではなく、メンタル系のクリニックを訪れる必要があるので間違えないようにしましょう。医者であることには変わりないので、内科でもうつ病を診てもらえる可能性がありますが、休職が必要なほど重い症状なら専門家を頼ったほうがよいです。うつ病による症状がつらすぎて、できる限り早く仕事から逃げ出したいと考えている状況もあるはずです。そのような方は、ドクターにうつ病診断書を書いてもらうまでの道のりが、かなり遠く感じているかもしれません。しかし、現在では初診でもうつ病診断書を書いてくれるところもあるので、『早く休職したい』という希望を叶えられます。ただし、メンタル系の医療施設は、予約が必須になっているため、決断した当日にうつ病診断書をもらうのは難しいです。医療施設によって混雑具合が異なるので、早く書いて欲しい方は、近々に予約が取れるところを探しましょう。医療施設を選ぶときに評判のよいとこを探せば、休職のサポートだけではなく、うつ病をしっかりと治してくれるドクターに出会えます。早く行動すれば、その分だけ早く仕事を休めるので、とりあえずでも予約を入れてみましょう。なお、ドクターに診断書を書いてもらうためには、5000円程度の費用が必要になります。したがって、初診で医療施設を訪れた場合は、診察代や薬代や初診料も加算されるので、ある程度のまとまったお金を持っていったほうがよいでしょう。もちろん、うつ病の治療に関する費用は、保険が利用できるので、現役世代として働いている方ならば3割負担のみになります。

Copyright© 2019 重症化する前にうつ病診断書を貰って休む決断を【証明してもらう】 All Rights Reserved.